背中 皮脂

背中の皮脂と毛穴のバランスが大切

イメージ左

皮脂の分泌が多く毛穴が狭いとニキビができます。

思春期の場合は、皮脂の分泌が増加するのに、毛穴の発達が進んでいない状態があります。

その時は、皮脂が毛穴に詰まってしまう状態になります。

毛穴に皮脂が詰まることにより、思春期ニキビの原因になってしまいます。


ニキビに悩まされる可能性は誰にでもあります。

背中にニキビができやすい人、できにく人がいるのはなぜでしょうか。

皮脂量が多すぎて毛穴から排出しきれず、炎症を起こしてしまいます。


皮脂の分泌量が多い人、毛穴の大きさが狭い人はニキビに悩みやすいです。

皮脂の分泌と食事のバランス

キーワードを含め紹介(右より画像)

皮脂の分泌は、食事と関係しています。

肉類やナッツなどの油分の多いものは、皮脂の分泌を促進します。

油分以外にもチョコレートやお菓子などの糖分の多いものは避けましょう。


食事のバランスを改善することで、背中の皮脂の分泌を

コントロールすることもできるでしょう。ニキビを改善にも繋がります。


お肌に良い食べ物としては、ビタミンCや食物繊維を多く含んでいる野菜・果物。

大豆類、ゴマ、ヨーグルトなんかが良いと思います。

飲み物では、アセロラやアミノ酸入りが良いのではと思います。

背中を綺麗に保つ食事

キーワードを含め紹介(左より画像)

ニキビに良い食事としては、ビタミンCの栄養素が良いです。

ビタミンCの働きは、体に含まれている活性酵素を消去です。

他の働きは、コラーゲンの生成を促進、分解を抑制、肌の代謝を向上させます。


苺、キウイ、ブロッコリー、パセリは、ビタミンCを多く含んでいます。

野菜不足と感じている方は、野菜または、果物を少しでも取り入れましょう。


肌の代謝では、ビタミンAを含む食事と表皮の代謝に関係しています。

ビタミンAを多く含んだ食材は、うなぎ・レバー・緑黄色野菜などです。

背中の皮脂について

背中は皮脂の分泌量が多い

背中は、胸元・顔と同様に、皮脂の分泌量が多い部分になります。皮脂の分泌量が多いところは、ニキビができやすい肌になります。保湿を与えることで、ニキビのできにくい肌になります。

余分な皮脂まで落としてしまうと

背中を洗う時に、ゴシゴシ強い力で肌を洗ってしまうと、必要な皮脂まで落としてしまうことになります。肌には良くありません。体を洗う時は、優しく洗ってあげてください。

背中には、顔と同じ皮脂分泌量があります。

背中ニキビができてしまう要因は、毛穴のつまりになります。

詰まってしまう理由は、皮脂が分泌される量によります。

分泌量が過剰になってしまうと、毛穴がつまってしまいます。

毛穴には、皮脂腺という皮脂を分泌する働きを持つ毛穴があります。

顔とデコルテ、背中にこの皮脂腺が多くあります。そのため、皮脂の分泌量が多いのです。

この皮脂腺の毛穴を清潔に保持していれば、正常の分泌量でいられます。

健康な肌を保つことができます。

皮膚の中の水分を保持できなくなってしまうと、肌の力が弱くなってきて、

ニキビができやすくなってしまいます。

毛穴の皮脂がつまりやすくなり、古い角質があると、背中ニキビができてしまいます。

露出度が激しい洋服や水着、ウェディングドレスを着る場合は、悩みの1つになります。

顔と同様に背中にも日々のお手入れが必要です。背中用のニキビ予防クリームもあります。

Copyright © 背中の皮脂がニキビを繰り返していた All rights reserved